インドジェネリックがジェネリック医薬品の中でも多い理由

バイアグラのジェネリック

栄養補助食品

東京でバイアグラの使用を検討していても、ED治療薬は毎月の費用が高くなってしまいます。そういった際には、バイアグラのジェネリック医薬品の使用を検討してみてはいかがでしょうか。日本では「物質特許」といった特許の問題があり、特許が切れる前のジェネリック医薬品を開発することができません。しかし2014年にバイアグラの特許が切れた事により、国内でジェネリック医薬品を作れるようになりました。国内でバイアグラのジェネリック医薬品を制作するのが解禁されてからは、多くの製薬会社がバイアグラのジェネリック医薬品を作っています。既に各クリニックでも幾つか種類が取り扱われている場合も多いです。ジェネリック医薬品は新薬に比べて開発費用などのコストが安くなっているため、比例して薬の単価も安くなっています。大まかな値段の相場だと、バイアグラが1錠1500円程度に対し、ジェネリックバイアグラは1000円前後に収まっていることも多いです。しかしながら、バイアグラジェネリックは処方などの医療費が全て自己負担となる自由診療であるため、各クリニックなどで自由に価格を設定することができます。そのため、一概に値段が一定しているとはいえません。また、バイアグラジェネリックは通常のバイアグラと製法に違いを出す必要があるため、色々な錠剤があります。たとえば水を利用しなくても、口内にいれた際に溶けるようなタイプがあったり、他の飲みやすい味がつけられたりしたものなどがあります。