インドジェネリックがジェネリック医薬品の中でも多い理由

EDが急増する理由

薬

年々ED(勃起不全)になる男性が増え、東京だけで見てもやはり年々増加している傾向にあります。今や彼女や妻などのパートナーと性生活がうまくいっていない場合の7割近くがEDの自覚があると言われています。東京でEDだと自覚症状がある人の中には、ストレスや食生活、運動不足が原因だと感じている人も多く居ます。その考えは決して間違いではなく、EDには器質性EDと心因性EDという種類があります。器質性EDはいわゆる身体の状況によるもので、例えば暴飲暴食や睡眠不足、運動不足によって生活習慣病になりがちな現代人に起こりがちな病気の一つと言えるでしょう。生活習慣病によって動脈が硬化してしまい、うまく男性器に血流が循環しなくなってしまった結果、器質性EDになるといったパターンが東京でも多く見受けられます。生活習慣病からくるEDの場合には、通常の生活習慣病の対策同様、きちんと3食適切な量の食事をとることや運動不足の解消を心掛けることが必要となります。では心因性EDの場合はどうかというと、これはストレスが主な原因になっていることが多いです。高ストレス社会とも言われる現代では、仕事からくるストレスが日常生活へ影響してしまうことも多くあります。また、仕事からくるストレスで心因性EDになる場合も、EDになってしまったことによってパートナーとの夜の生活もうまくいかなくなってしまい、更なるストレスにつながってしまうといった悪循環は東京でも多く報告されています。